あるシングルファザーの裁判日誌

寡夫控除は不公平だとして行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ

0.6%ってマジか?

川崎市の統計を調べていて驚いた事があります。 ひとり親世帯の調査で、 母子家庭のうち、寡婦控除を 利用した事がある。・・・0.6% 利用した事がない。・・・11.0% 制度を知らない。・・・69.8% 無回答・・・18.6% 父子家庭のうち寡夫控除を 利用した事があ…

特別寡婦控除の合憲性

所得が500万円以下なら父子家庭でも寡夫控除が適用されて、住民税なら26万円の控除になります。しかし母子家庭だと特別寡婦控除になり30万円の控除になります。 これは、明らかに男性差別なのですが、これを違憲だとして訴えても、行政の答弁に対する反論は…

弁護士ドットコムへの質問

先週、弁護士ドットコムに質問を投げました。 でも、1週間たっても回答がつかず・・・ たぶん、このブログは被告の弁護士さんも見てると思うけど、まいっか。 その時の質問をのっけます。わかる人がいたら教えてください。 弁護士ドットコムの質問のほうは回…

私の反論!

こんな表を作ってみました。 これで、私の訴えているのは(ウ)の性差、被告の説明している理由は(エ)の性差だから(ウ)の差別の理由になっていない、過去の最高裁の判例は(ア)の性差でそれ以外の差別の合憲判断はしていない、というように反論しようと思います…

弁護士さんに相談

本人訴訟だとわからない事が多すぎます。 相談できる方がいらっしゃれば助かるのですが、無料の法律相談とかにいっても、専門外で答えてもらえない事が多いです。 行政訴訟の経験のある近くの弁護士さんに有料で相談に乗ってくださいと頼んでも、専門外だか…

被告の主張について(4)

『寡婦控除と寡夫控除の差異は合憲であるとした最高裁の判例がある』 これが1番の被告の主張でしょうか。 判例のある事件について裁判所は、新しい判断をしません。 これは大きな壁です。 答弁書には2つの判例が書いてありました。それぞれ、地裁、高裁、最…

被告の主張について(3)

被告の主張(2)で書いたことですが、被告は平成23年の統計資料と平成5年の統計資料を証拠として提出してきました。 この20年で環境は何も変わっていないという事を主張しているのです。これは私の反論を封じる意味があるような気がします。なぜなら、平成5年…

被告の主張について(2)

統計によると、母子世帯は父子世帯に比べ、収入が少ない。アルバイトやパートが多く、収入が安定していない。だから扱いに差があるのは当然である。という被告の主張。 確かに統計では母子世帯のほうが収入が少ないです。 だから母子世帯を手厚くするという…

被告の主張について(1)

被告の主張を整理します。 『すべてのひとり親家庭に寡婦(寡夫)控除を』という地方議会の決議による意見書を、私は証拠として提出しましたが、その意見書に寡夫の所得要件は明示されていないと言っています。 なるほど、確かに書いてありません。だから無効…

第1回口頭弁論

横浜地方裁判所 502号法廷 10:30 第1回口頭弁論が開かれました。 被告代理人は4人で、その関係者と思われる方が傍聴席に3人いらっしゃいました。その他に傍聴人が2人いらっしゃいました。 訴状の書き方が悪かったせいで、まず請求内容の確認をされました。 …

第1回口頭弁論前日

明日は第1回口頭弁論です。 次回の期日を決めるだけですが、いよいよ始まるんだなぁと思うとワクワクします。 勝ちたいです。 でも勝てる気はしません。 寡夫控除の差異が合憲であるとした最高裁の判例を覆すのは、絶望的に困難です。 しかし、こんな経験が…

『とんび』

重松清さんの『とんび』を読みました。 詳しくは書きませんが、ある不器用な男の物語です。なぜブログネタにしたのかは、既に読まれた方ならピンとくると思います。 勉強にもなるし、励ましにもなります。今、苦しくて悩んでいる事さえ、読んだ後は、悩める…

部分的に不適法らしい

2年分の課税処分取り消しを求めているのですが、今年分は審査請求をしていないので、不適法になると答弁書に書かれていました。 そうなんだ。それは失敗しました。もう処分から3ヶ月以上たっているので、今からでは審査請求できないです。 でも、1年分は不適…

答弁書が届きました

ようやく届きました。 これから読み込みます。 答弁書は訟務の人からではなく弁護士さんからきました。行政訴訟でも弁護士さんを雇うんですね。 驚いたのは、その弁護士さん、なんと千葉県の法律事務所の方なんです。 地元の弁護士さんじゃないんですね。 そ…

答弁書が来ない

被告は第一回期日の1週間前に答弁書を提出することになっているはすです。 とすると、11月24日には発送しないと間に合わないはずですが、まだ届いていません。所得税の訴訟では、早々に答弁書がきていたので、違いに戸惑っています。国と地方自治体では、対…

そろそろかな

第1回口頭弁論まで、あと3週間ほどになりました。期日が決まってから約1ヶ月たちましたので、もしかしたらそろそろ答弁書が送られてくるかもしれません。 裁判というのは、ドラマのように法廷で激しい弁論をして戦うものではありません。法廷は事務的なやり…

担税力

租税負担能力のことを担税力と言ったりします。 担税力に応じて税を負担してもらいます。とか、寡婦と寡夫では担税力が違うので控除に差があります。とかいわれるやつです。 でも、これ、ちゃんと算出できるような力ではないです。寡婦の担税力を100とした場…

養育費を行政で!

離婚後に養育費を払わない親がいます。シングルマザーの元夫の8割は払っていないんだとか。 養育費がきちんと貰えれば、助かるひとり親家庭があると思います。 素人の考えですが、養育費のやり取りに役所が介在したらどうでしょうか。 離婚したら、行政が養…

看不过去

「生活に困っていないのだから、税金を安くしてもらおうだなんてわがままだ。我慢したらどうだ。」「世の中には、貧困で困っているシングルマザーがたくさんいる。その人たちのほうが切実だ。贅沢をいうな。」 そのような非難をされる方もいらっしゃると思い…

注目している裁判

NHKの裁判に注目しています。 契約って、双方が合意しないと成立しないと思うのですが、契約の義務があるとか書いてある放送法ってなんだか違和感があります。 合憲か違憲かはよくわかりませんが、 月300円ぐらいの基本料だけ義務にして、あとは追加契約にし…

シンパパです。

改めてゲロっちゃいますが、シンパパです。このブログ、訴訟関連の話しか書いてませんので、シンパパっぽさがまるでないですね。それなりに苦労してますが、仕事に事も家の事も楽しんでやってます。 離婚したのは1番下の子が小4の時なので、1番手のかかる時…

行訴法第23条

国が決めた地方税法に対する訴訟なのに、被告は川崎市でいいのかなぁって思ってましたが、行政訴訟法第23条があるんですね。 第23条 1.裁判所は、処分又は裁決をした行政庁以外の行政庁を訴訟に参加させることが必要であると認めるときは、当事者若しくは…

もし改正するなら

私が、もし寡婦寡夫控除の制度を変えるなら、 まず、寡婦寡夫控除は子どものいない寡婦、寡夫に限定します。金額は統計などから適正な値に変更します。 それとは別にひとり親控除というのを作ります。現行と同じ35万円かな。性別や非婚、事実婚を区別しませ…

みなし寡婦制度もまた差別

非婚ひとり親家庭のみなし寡婦制度ですが、思いっきり男性差別です。非婚の母子家庭と非婚の父子家庭を差別しています。せっかく貧困化するひとり親家庭の救済を目的にしてるんだから男女で区別せず同額にしたらいいのに、そうなっていません。 理由は、所得…

非婚ひとり親家庭のためにも

非婚ひとり親家庭のみなし寡夫については認めている自治体が増えてきています。そういった自治体では、国に対して税法の見直しを求める意見書を出しています。 国会の議事録で登場することはあって、議論するといいながら、二十八年度税制改正でも、二十九年…

川崎市長の公約

日曜日に、衆議院選挙と一緒に川崎市長選挙も行われました。 当選した福田市長のマニフェストには「人種・障がい・性別・LGBTsなどあらゆる差別の根絶を目指す施策を進めるとともに、条例制定を提案します」と明記されています。 そんな市長を代表者と…

寡夫控除されている人

現在、寡夫控除を受けているシンパパは、なぜシンママとの差別を訴えないのでしょうか? 寡夫控除が適用されているといっても、女性であれば特別寡婦控除に相当するわけで、控除金額が違っています。 所得税の寡夫控除は27万円ですが、女性ならば特別寡婦控…

年間約20万円の差!

壁の話を書きましたが、自分の場合はどうなのか無頓着だったので、高等学校等就学支援金について調べてみました。 おかげさま(?)で、私の所得は所得制限を超えているので三男の高校の授業料は支払っています。 よくみかけるように910万円を超えてると貰えな…

壁の話

通常、壁は乗り越えるものですが、超えないほうが賢いといわれる壁の話です。 103万円の壁とか、130万円の壁とかありますよね。こういうのって仕事意欲がそがれるし、よくない制度だと思います。頑張れば頑張っただけ報われるのがいいと思うのです。 寡夫控…

裁判費用

今回の裁判の訴額は10万円に満たないので、印紙代は¥1,000です。他に切手代が¥6,000ぐらい。 もし控訴すると印紙代は¥1,500。更に上告すると、¥2,000。 これで裁判ができるのです。ありがたいものです。裁判所の人件費などのコストや被告のコストを考えたら1…