フレンチトースト訴訟

父ちゃん大法廷に立つ(計画)



父の日

今年も「父が子どもに感謝する日」がやってきました。 ダイエットプレッシャーを跳ね返し、頑張って美味しいものをみんなで食べました。何を食べたかについては大人の事情によりぼかします。(どうせラーメンでも食べたのだな、という勘ぐりには黙秘権を行使…

ポプラの綿毛が舞う街で

最近、仕事に集中しています。 ところで、令和ダイエットに励む今日この頃ですが、意外な敵が出現しました。 一泊二日の出張で、ポプラの綿毛が舞う街に行ってきたわけですが、そこは闇の大地と呼ばれるように、危険な食べ物が恐るべきコスパで提供され、住…

「これでいいんかい?!」

税務訴訟とは言わずに、法律相談をしたいと言って弁護士さんに会ってきました。 法律家からの視点で、この訴訟を見ていただきました。新しい発見があったり、弁護士さんでも不可解な部分があることを知ったりしました。その内容を準備書面に反映したいと思い…

在外邦人の国民審査制限に違憲判決

5月28日、東京地裁が、在外邦人に最高裁判官の国民審査の投票ができないのは違憲であるという判決をだしました。 確かに、国会議員の選挙には投票できるのに、裁判官の国民審査に投票ができないのはおかしいと思います。 形として損害賠償(1万円)を請求して…

飯塚事件というのがあった

弁護士さんは、なぜ塩対応なのでしょうか。 税務訴訟の勝率が低い上に、今回のケースでは金にならないので当然なのですが、国税庁にたてつくリスクもあるのかもしれません。 しかし、どこまで本当の事かわかりませんが、法律事務所に税務調査が入るだとか聞…

人間を野生にするもの

閉店間際のスーパーの見切品を買ってきてラムチョップを焼いてみました。見切品だけあって熟成しています。ラムはカロリーが低く、何か知りませんが体に良い栄養があるみたいです。 スマホでレシピを見ながら焼きました。骨つき肉は人間を野生に戻しますね。…

第4回口頭弁論調書

裁判長からの指示が聞き取れなかったので、口頭弁論調書というのを取ってみました。転載します。 当事者双方は、令和元年6月末日までに、次の釈明事項につき、書面にて提出すること。 ①被控訴人は、同様の所得制限付きの控除制度が、係累のない死別寡婦につ…

IRC Code section 214

米国税法より There shall be allowed as a deduction expenses paid during the taxable year by a taxpayer who is a woman or widower, or is a husband whose wife is incapacitated or is institutionalized, for the care of one or more dependents, …

パート2と3

「こんなに苦労してますよ的な話は、あまりしたくないのですが、こんな事があるんですよ的な話として聞いてください。」パート2です。パート1もそうですが、blacksakurahappy降臨後の話です。 ジェンダー論を研究している学者様の意見、持っている資料など、…

証拠があるのに

こんなに苦労してますよ的な話は、あまりしたくないのですが、こんな事があるんですよ的な話として聞いてください。 寡夫控除の提案をした只松議員の著書に、こんなのがあります。 『国民と政治・立法 寡夫控除法が出来るまでの記録』 とっても美味しそうじ…

対所得税法 2回目の訴状

記録という事でアップしますが、 たぶん、読んでも面白くないです。 頂いた事件番号は 令和元年(行ウ)236号です。 担当は51民事部です。 収 入 訴 状 印 紙 ( ○○円) 令和元年5月8日 東京地方裁判所 御中 〒○○○-○○○○ 神奈川県川崎市○○○ 原 告 sakurahapp…

対国税も提訴!

5月8日、地方税法の控訴審口頭弁論に行くついでに東京地裁に行って訴状を提出してきました。 印紙代、郵券、と納めましたので、また福沢諭吉様とお別れです。過少申告加算税として囚われた1万5千円を救出するため、散っていく仲間達に敬礼です。 もう何人の…

大学無償化法に思う

低所得者の子が大学にいく場合、大学入学金・授業料や生活費の一部が無償になる、そんな法案が成立しました。 なんか腑に落ちないのですが、バイトしながら奨学金を借りてというのではダメなんでしょうか? 成績は問わず、どんな大学でもということなので、…

控訴審 第4回口頭弁論

東京地裁での用事を済ませて、法廷に向かいました。 法廷の前で掲示板を確認して・・・あれ? 裁判官が変わっています。 後で調べたら裁判長は3月1日に依願退官されてました。 今度の裁判官は、どんな人でしょう。 書記官も変わりました。 4月で移動だったん…

控訴人準備書面(6)

5月4日に提出した準備書面を公開します。 口頭弁論の結果は明日アップします。 平成30年(行コ)第250号 課税処分取消請求控訴事件 控訴人 sakurahappy 被控訴人 川 崎 市 東京高等裁判所第9民事部A2係 御中 控訴人 準 備 書 面 (6) 令和元年5月…

「ビリーブ 未来への大逆転」ねたばれ注意

もし、日本の税法に、独身女性が親などを介護している場合には介護費用を所得から控除することができるが、独身男性の場合は認められないという法律があったとしたら・・・違憲でしょうか? おそらく、違憲審査基準に照らし合わせると、男性と女性の租税負担…

どや全 でいこう!

ゴールデンウィーク、 IT業界の人間にとっては、連休ではない事が多く、システム切り替えなど重要な仕事が入ることが多いです。今年は10連休といえども、改元対応があったりもしたので同業者は大変だったと思います。私も、連休の半分ぐらい仕事をしていまし…

令和ですね

なんとなく、澄んだ気持ちになります。 長男も次男も帰省してきていて、我が家は賑やかになっています。 長男が、初給料をもらったので、ステーキ屋さんで全員にご馳走してくれました。 涙が出そうです。 でも 令和になったことですし、少し頑張ることにしま…

被控訴人準備書面(4) パケット注意

書き写すのは面倒なので、写真に撮ったものを公開します。 最後の1行は「?」です。 憲法に違反する状態であったとしても、違憲じゃない??

被控訴人準備書面が届きました

大量の証拠とともに、26ページにもおよぶ大作が届きました。 いつもなら書き写すんですが、多過ぎて、そんな気がおきません。いつか、書くかもです。 要約しようにも、長過ぎてできません。 しばらくは、私だけのお楽しみという事にしてください。もし今、自…

いよいよ対所得税法、始動

提訴期限の5月16日まであと20日ぐらいになってきました。そろそろ訴状を書かないと、間に合いません。 地方税法は横浜地裁に提訴しましたが、所得税についての提訴は、横浜地裁と東京地裁のどちらでもいいので、東京地裁に提訴しようかと考えています。なぜ…

控訴人準備書面(5)

第4回口頭弁論にむけて準備した書面です。証拠が甲34号から52号まで追加になりました。 クレイマー、クレイマーを入れたのは、箸休めです。 平成30年(行コ)第250号 課税処分取消請求控訴事件 控訴人 sakurahappy 被控訴人 川 崎 市 東京高等裁判所第…

あと半月で期日

次回の口頭弁論は5月8日ですから、あと半月になりました。 準備書面は1週間前までに出してねと言われていますが、厳密に1週間前は5月1日になるのでゴールデンウィーク真っ只中です。公務員的には休みのはずなのでゴールデンウィークに入る前に提出しないと…

父ちゃん、大法廷に立つ(計画)

最高裁判所の大法廷は特別な場所です。 通常、上告された案件は3つの小法廷で行われますが、違憲判決が下されるような案件は、最高裁判所の裁判官15人全員が大法廷に集まって審理されます。これを大法廷に回付というそうです。大法廷は平均で年に3回ぐら…

ご馳走、怖い

ちょっと自慢します。 私は、ある能力がとても高いようです。その能力とは、 美味しいものを食べる時、美味しそうに食べてしまう、というものです。 その呪われた能力によって、標的にされる事があります。 たぶんペットにエサを与える感覚で、息子たちは私…

産経新聞の記事

このブログを書き始めたのが2016年3月27日です。そうです、3年たちました。今日から4年目に突入します。 早いものですね。 裁判に時間がかかるのは覚悟していましたが、ホントですね。 所得税のほうなんて、まだ提訴もしてませんから、この先、5年ぐらいかか…

えらい人達

大阪にskuruというひとり親支援の団体があるらしいです。 そこの今井さんという方が、なんか社団法人を立ち上げようとしているらしく、産経新聞が記事にしています。 https://www.sankei.com/smp/life/news/190319/lif1903190029-s1.html えらいなぁ。 私に…

しえふ没頭

仕事が忙しい時は、ついついお料理で気を晴らしてしまいます。ジャガイモや人参の面取りしてるとなぜか幸せになってしまいます。 今夜は前の晩に作ったビーフシチューが余ったので、焼いたハンバーグと一緒にホイルの包み焼きにしました。一丁前にシェフ気取…

ありがとう、繁忙期

嬉しいことにお仕事がたくさんあります。 こんな私でも誰かのお役に立てているわけで、ありがたいことです。 でも 最近、ちょっと多過ぎかな。 徹夜になる事もあるので、体調を崩さないように気をつけねばなりません。皆さんにご迷惑をかけるわけにいきませ…

あれるぎった男の嘆き

我輩は花粉症である。名前は・・・ 漱石風に書き出してみたものの、現実は文学ではなく、あれるぎった中年男性の涙、涙の物語です。 なぜか、突然、スイッチが入ったように涙が出てきます。サラサラの鼻水が溢れてきます。 もし、電車の中で無表情で滴るほど…