あるシングルファザーの裁判日誌

寡夫控除は不公平だとして行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ



養育費についての所感

今回の裁判に向けて、統計や制度を調べましたが、養育費と児童扶養手当について腑に落ちないので、意見させてもらいます。 養育費とは、養育していない方の親が養育している親に払うお金のことで、子どもの権利とされています。問題がいくつかあるので列挙し…

父子家庭支援活動の拡散

宮城県父子の会の代表理事を務める村上吉宣さんが、国に要望を出すために賛同を集める活動をしています。 死別父子家庭を支援する制度が、母親の死亡時期で区別されるのは変な気がします。 村上さんが拡散を希望してらっしゃいますので、下にリンクを貼りま…

提出した準備書面(1)

先週提出した準備書面を公開します。 長くなりますが、主要な争点についての被告の主張と私の反論がわかるようにしたものを載せます。私の文面は弁護士さんの指導を受けておりませんので、おかしなところがあるのはご容赦ください。 青字は被告の弁論です。 …

遺族基礎年金

遺族基礎年金が2014-4-1から父子世帯にも支給されるようになりました。しかし、東日本大震災などで、2014-4-1以前に亡くなった場合は支給されません。この問題を全国父子家庭支援ネットワークは訴えています。 これ、国の不作為として国賠訴訟でいけないのか…

非婚の寡婦控除は合憲?

法律を学んでいて、認識が変わったものがあります。 非婚シンママが寡婦控除を受けられない事について、何度か触れていますが、もし裁判になった場合には、合憲の判決が出る可能性が高いと思います。 なぜなら、裁判所は差別かどうかを審査するのではなく、…

準備書面、提出

次回の口頭弁論まで、まだ1ヶ月ありますが、準備書面を提出しました。 手元にあると、気になって手直しばかりしたくなるので、思い切って切り上げました。 私の反論を裁判官が認めてくれるなら、次は被告の反論の番になりますが、認めてくれない場合は次の口…

租税法と憲法14条

租税法が憲法14条違反だと主張しても認められた事はありません。サラリーマン訴訟で、最高裁が次のように示しています。被告もこれを引用してきています。 「租税法の分野における所得の性質の違い等を理由とする取扱いの区別は、その立法目的が正当なもので…

2018 あけおめ

このブログも2年になろうとしています。 今年は、地方税について地裁の判決がでると思います。 頑張ります。 今年もよろしくお願いします。

所得税も手続き開始

去年、不適法でダメだった所得税ですが、取り掛かります。 確定申告書に寡夫控除を付けて、還付金を請求します。期限後の申告であったり、一度確定申告した年度については更正の請求と呼ばれるものになるそうです。 普通の請求ではありませんので、パソコン…

訴え取下書

まずは、訴え取下書を用意しました。 平成29年度分の請求は不適法だといわれています。あがいても認められることはほとんどないため、争わないことを選びました。弁護士さんは、そのままにして却下されるのを待っていればいいと言ってくれましたが、本丸は…

スッキリした

弁護士さんに相談にのっていただきました。 やっぱり専門家ですね。わからないところがなくなりました。スッキリしました。 無料の法律相談でなく、最初から専門の弁護士さんに相談しておけば良かったです。 弁護士先生の言うことには、税金関係の行政訴訟は…

やっと見つかりました

法律相談を受けてくれる弁護士が見つかりました。税金と行政訴訟に強い弁護士さんです。ありがたや、ありがたや。 もう、諦めかけていたところでした。なので、自分である程度こうしようと固めています。その方針で問題ないかを弁護士さんに確認してもらうこ…

行政訴訟のジャングル

行政訴訟法は難しいので、専門家に相談にのってもらいたいです。 しかし、10件ぐらいいろんな法律事務所に問い合わせしましたがほとんど返事がなく、返事がきたところも相談内容をざっくり伝えると連絡がこなくなります。行政訴訟や税務訴訟を専門としてい…

誤字脱字

訴状とか準備書面とか、自分の書き物はミスがあります。今回も表の一部の文字が欠けていて読めなくなっているとか、やっちゃいました。一人でやっているとどうしても見直しが甘くなります。まぁ、言い訳ですね。すみません。 その点、弁護士さんや訟務官さん…

0.6%ってマジか?

川崎市の統計を調べていて驚いた事があります。 ひとり親世帯の調査で、 母子家庭のうち、寡婦控除を 利用した事がある。・・・0.6% 利用した事がない。・・・11.0% 制度を知らない。・・・69.8% 無回答・・・18.6% 父子家庭のうち寡夫控除を 利用した事があ…

特別寡婦控除の合憲性

所得が500万円以下なら父子家庭でも寡夫控除が適用されて、住民税なら26万円の控除になります。しかし母子家庭だと特別寡婦控除になり30万円の控除になります。 これは、明らかに男性差別なのですが、これを違憲だとして訴えても、行政の答弁に対する反論は…

弁護士ドットコムへの質問

先週、弁護士ドットコムに質問を投げました。 でも、1週間たっても回答がつかず・・・ たぶん、このブログは被告の弁護士さんも見てると思うけど、まいっか。 その時の質問をのっけます。わかる人がいたら教えてください。 弁護士ドットコムの質問のほうは回…

私の反論!

こんな表を作ってみました。 これで、私の訴えているのは(ウ)の性差、被告の説明している理由は(エ)の性差だから(ウ)の差別の理由になっていない、過去の最高裁の判例は(ア)の性差でそれ以外の差別の合憲判断はしていない、というように反論しようと思います…

弁護士さんに相談

本人訴訟だとわからない事が多すぎます。 相談できる方がいらっしゃれば助かるのですが、無料の法律相談とかにいっても、専門外で答えてもらえない事が多いです。 行政訴訟の経験のある近くの弁護士さんに有料で相談に乗ってくださいと頼んでも、専門外だか…

被告の主張について(4)

『寡婦控除と寡夫控除の差異は合憲であるとした最高裁の判例がある』 これが1番の被告の主張でしょうか。 判例のある事件について裁判所は、新しい判断をしません。 これは大きな壁です。 答弁書には2つの判例が書いてありました。それぞれ、地裁、高裁、最…

被告の主張について(3)

被告の主張(2)で書いたことですが、被告は平成23年の統計資料と平成5年の統計資料を証拠として提出してきました。 この20年で環境は何も変わっていないという事を主張しているのです。これは私の反論を封じる意味があるような気がします。なぜなら、平成5年…

被告の主張について(2)

統計によると、母子世帯は父子世帯に比べ、収入が少ない。アルバイトやパートが多く、収入が安定していない。だから扱いに差があるのは当然である。という被告の主張。 確かに統計では母子世帯のほうが収入が少ないです。 だから母子世帯を手厚くするという…

被告の主張について(1)

被告の主張を整理します。 『すべてのひとり親家庭に寡婦(寡夫)控除を』という地方議会の決議による意見書を、私は証拠として提出しましたが、その意見書に寡夫の所得要件は明示されていないと言っています。 なるほど、確かに書いてありません。だから無効…

第1回口頭弁論

横浜地方裁判所 502号法廷 10:30 第1回口頭弁論が開かれました。 被告代理人は4人で、その関係者と思われる方が傍聴席に3人いらっしゃいました。その他に傍聴人が2人いらっしゃいました。 訴状の書き方が悪かったせいで、まず請求内容の確認をされました。 …

第1回口頭弁論前日

明日は第1回口頭弁論です。 次回の期日を決めるだけですが、いよいよ始まるんだなぁと思うとワクワクします。 勝ちたいです。 でも勝てる気はしません。 寡夫控除の差異が合憲であるとした最高裁の判例を覆すのは、絶望的に困難です。 しかし、こんな経験が…

『とんび』

重松清さんの『とんび』を読みました。 詳しくは書きませんが、ある不器用な男の物語です。なぜブログネタにしたのかは、既に読まれた方ならピンとくると思います。 勉強にもなるし、励ましにもなります。今、苦しくて悩んでいる事さえ、読んだ後は、悩める…

部分的に不適法らしい

2年分の課税処分取り消しを求めているのですが、今年分は審査請求をしていないので、不適法になると答弁書に書かれていました。 そうなんだ。それは失敗しました。もう処分から3ヶ月以上たっているので、今からでは審査請求できないです。 でも、1年分は不適…

答弁書が届きました

ようやく届きました。 これから読み込みます。 答弁書は訟務の人からではなく弁護士さんからきました。行政訴訟でも弁護士さんを雇うんですね。 驚いたのは、その弁護士さん、なんと千葉県の法律事務所の方なんです。 地元の弁護士さんじゃないんですね。 そ…

答弁書が来ない

被告は第一回期日の1週間前に答弁書を提出することになっているはすです。 とすると、11月24日には発送しないと間に合わないはずですが、まだ届いていません。所得税の訴訟では、早々に答弁書がきていたので、違いに戸惑っています。国と地方自治体では、対…

そろそろかな

第1回口頭弁論まで、あと3週間ほどになりました。期日が決まってから約1ヶ月たちましたので、もしかしたらそろそろ答弁書が送られてくるかもしれません。 裁判というのは、ドラマのように法廷で激しい弁論をして戦うものではありません。法廷は事務的なやり…