あるシングルファザーの裁判日誌

不公平な寡夫控除の是正を求めて行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ

弱者救済ではない

この問題が長い間放置されてきた理由は、弱者救済にならないからだと思います。


国にしてみれば、寡夫控除を寡婦控除と同じにしたら、税収が数億円少なくなります。不利益を被っている人達が文句を言わないなら、法改正して税収を減らすなんて事はしないでしょう。


原告適格となるのは年収約700万円以上のシングルファザーです。貧困に窮しているわけではありません。早急な支援の必要のない状態が、問題の解決を遅らせてきました。


でも、法律というのは万人の為にあるのであって、弱者救済の為だけにあるのではありません。


私も弱者だから助けてもらおうなどと思ってはいません。もとより自力でなんとかする覚悟でひとり親になりました。


求めるのは、公平、平等である事です。