あるシングルファザーの裁判日誌

不公平な寡夫控除の是正を求めて行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ

判例の研究(1)

被告側、つまり国側としては棄却を望む答弁書がでてくるはずですが、その理由として、寡夫控除と寡婦控除の要件の差異は合憲であるとした平成5年の判例を出してくると思います。

こちらはそれに反論しなければなりません。


そもそもその判例というのはどういうものだったのでしょう。


手元には福岡高裁の控訴審判決があるのですが、一審と最高裁判例が手元にないので、息子に取り寄せを頼んでいるところです。


控訴審判例をみると、原告は個人事業主らしく、まず給与所得控除を主張しています。そして寡夫控除も付けて納税額を少なくしたことにより、税務署から更正処分がなされています。その後、加算税、延滞税と賦課され、その取り消しや、督促の取り消しを求める裁判になっています。


続きます。