あるシングルファザーの裁判日誌

寡夫控除は不公平だとして行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ

裁決書が届きました

2016年6月に審査請求して9ヶ月。ようやく川崎市長から裁決書が届きました。

 

主文

 

『本審査請求を棄却する。』

 

最初からこの結果しかありえないのですが、思ったより時間がかかりました。

裁決書はA4で13ページもあります。地方税法に則って正しくやってますよという説明がほとんど。最後に審査庁は違憲審査の権限はなく、司法審査によるべき問題と書いてあります。私にはそれだけで十分です。

 

さて、いよいよ訴訟となるわけですが、提訴は6ヶ月以内にしなければなりません。

 

訴状作成にとりかかるとしましょう。