あるシングルファザーの裁判日誌

寡夫控除は不公平だとして行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ

養育費を行政で!

離婚後に養育費を払わない親がいます。シングルマザーの元夫の8割は払っていないんだとか。

 

養育費がきちんと貰えれば、助かるひとり親家庭があると思います。

 

素人の考えですが、養育費のやり取りに役所が介在したらどうでしょうか。

離婚したら、行政が養育していない方の親から養育費を徴収する。(給与から源泉徴収するのがいいかな。) 行政は、そこから給食代など子どもの養育に必要なお金を天引きして、養育している親に養育費を払う。(児童手当の振込と一緒にしたらいいかな。) 養育費の金額については、行政は両者の収入を把握しているのだから、決められた計算式によって適正な養育費を自動的に計算する。

 

これをすれば、養育費の取りっぱぐれがなく、貧困なひとり親家庭にも養育費が入ってきます。偽装離婚も減るし、収入が増えれば生活保護費も減らせます。裁判所の調停の仕事も無くなります。

 

この仕組みを作るには税金が必要でしょうが、これができる事で浮く税金もあるはずなので、検討の余地はあると思います。養育税という制度になるのかな。ググると同じような提案をされている方がいますね。

 

死別した場合は・・・、すみません、よくわからないです。自分の場合、死んでも生活に困らないように保険に入っているし、亡くなった配偶者が保険に入っていなかった人だけを税金で支援するのは不公平で、生命保険業を圧迫しそうだし・・・。難しいですね。