あるシングルファザーの裁判日誌

寡夫控除は不公平だとして行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ



非婚の寡婦控除は合憲?

法律を学んでいて、認識が変わったものがあります。

 

非婚シンママが寡婦控除を受けられない事について、何度か触れていますが、もし裁判になった場合には、合憲の判決が出る可能性が高いと思います。

なぜなら、裁判所は差別かどうかを審査するのではなく、差別に理由があるかどうかを審査しているからです。民法法律婚を規定している以上は非婚寡婦を差別しても、理由があるから合憲と判断せざるをえないのではないかと思います。

先日、最高裁放送法について合憲の判断をしました。これも、違憲審査基準に当てはめてみると、NHKには公共性が認められるし、完全に否定できない理由が存在するから、裁量の範囲として認めるしかなかったと思います。

 

そう、違憲だと訴えるなら、被告の言い分を完全に否定しなくては勝てません。だから難しいのです。なので、弁護士会は非婚寡婦の問題を意見書という形で表明するしかないのかなと思います。日弁連は非婚寡婦差別を憲法14条に違反するとしていますが、訴訟にならないのは、裁判所が合憲の判断をする可能性が高いとわかっているからなんでしょうね。

 

非婚寡婦の問題は司法では変わりません。ならば、立法で変えてもらうしかないですね。

 

ここんとこ、国会で議論になっているようではあります。いつかは法改正になるでしょう。

私にできることは、寡夫控除の裁判で勝つ事。それができれば国会で寡夫控除の議論とともに、非婚寡婦についても議論になるはずですから。