あるシングルファザーの裁判日誌

寡夫控除は不公平だとして行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ



特定求職者雇用開発助成金

いろいろ調べていたら、タイトルの制度に父子家庭差別が存在することがわかりました。

 

これは雇用主が助成金を受ける制度で、障がい者等を雇用したりするとお金がもらえるというようなものです。この中に、シングルマザーもシングルファザーも含まれていますが、シングルファザーの場合は児童扶養手当の受給者であるという要件があり、差別されています。

つまり中高所得のシングルマザーを雇った雇用主は50万円(かな?)の助成金をもらえますが、中高所得のシングルファザーを雇っても助成金はもらえないということです。

でもこの差別、シングルファザー自身が訴えることはできません。なぜなら原告適格の条件である訴えの利益がないからです。

 

平等にするには、シングルマザーの要件にも児童扶養手当受給者を追加するか、シングルファザーの児童扶養手当要件を無くすかすればいいだけのはなしですが、

 

まだまだいろいろ歪んでますね。