あるシングルファザーの裁判日誌

寡夫控除は不公平だとして行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ



第3回口頭弁論

長男を連れて法廷に入りました。今日は午後から就活なのでリクルートスーツ姿です。その為、書記官さんに弁護士と間違われるハプニングがありました。

傍聴席には6人。

さぁ開廷です。

 

書記官「起立、平成29年、行ウ第51号」

裁判長「被告から3月12日に準備書面2が出ています。これを陳述するということでいいですね。」

被告「はい」

裁判長「それに対する反論として原告から3月16日に準備書面3が出ています。これを陳述するということですね。」

桃太郎「はい」

・・さて、次は被告の反論の番だな・・

 

裁判長「それではこれにて弁論を終結します。判決は7月11日」

 

あれ?

 

あれあれ?

 

被告席の皆さんは笑顔です。

 

なんか、やらかしてしまったのか?

 

なんだろう、この敗北感。

 

差別の合理的な理由は、立証されてないよねぇ。

 

まさか、「様々な社会的要因を考慮する必要がある。」ってのが、合憲の理由になってしまう訳なのか。

 

これってどうやって崩したらいいのねん。

 

 

それにしても判決まで、約4ヶ月って長いですね。判決文が届いたら、敗因を考えましょう。