あるシングルファザーの裁判日誌

寡夫控除は不公平だとして行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ



所得税のほうはオマケ

これから所得税について審査請求して提訴していくわけですが、よく考えると、こちらはオマケにしかならないですね。まず地方税のほうで最高裁が棄却の判決を出したとしたら、所得税も棄却されるのは間違いありません。同様に認容されたら、所得税も認容判決になるでしょう。とすると、先に地方税の訴訟が最高裁で棄却されたら、その頃、所得税の訴訟は一審だと思うので、棄却後の控訴はしないつもりです。

 

で、重要な地方税の訴訟ですが、大事な大事な一審の弁論が終わってしまっています。日本は三審制と言えども、一審の判決を覆すのは容易なことではなく、一審に全てを注ぎ込むのが基本です。とは言っても行政訴訟控訴審は継続審なので新しい主張もできるし、新たな証拠を出すこともできるそうです。判決が7月11日なので、控訴理由は8月末ごろまでに作成すればいいですから、まだ時間はあります。

 

最近、思うのですが、

 

被告の反論を待たずに結審してしまったことで、負けたんだろうなぁと思ってしまったんですが、まだ敗訴したわけではありません。もしかしたら勝訴する可能性だってあります。まあ、難しいんでしょうけど、ちょっとだけ期待しててもいいんじゃないかと思うようになりました。

 

まぁどちらにせよ、最高裁まで行く予定なのでもし一審で勝訴しても喜べないです。

 

判決まであと3ヶ月ぐらいあります。

裁判官は既に判断が終わっていて、判決文のドラフトを作っている事だと思います。待ち遠しいなぁ。