あるシングルファザーの裁判日誌

寡夫控除は不公平だとして行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ



私の顰像(しかみぞう)

平成28年10月12日 最初の裁判でこてんぱんに負けました。

その時の判決文が、国税庁のホームページに資料として公開されています。

 

前回の判決文

http://www.nta.go.jp/about/organization/ntc/soshoshiryo/kazei/2016/pdf/12914.pdf

 

素人が、ひのきのぼうとおなべのふたで武装しても、ドラゴンの炎の一撃でまるこげです。今読み返しても、難しいことばかり書いてあって、わかりにくいですよね。弁護士を付けない本人訴訟は、大抵こうなるって見本のような裁判でした。

判決は、簡単に言うと「あんたは訴える資格がないから、聞いたげないっ。」っていう判決です。

 

その昔、徳川家康三方ヶ原の戦い武田信玄に敗れたことを教訓にするため、自分の惨めな姿を絵師に書かせ残したそうです。顰像(しかみぞう)と呼ばれるその肖像画を、家康はいつも傍に置いていたといわれています。(諸説あります)

血気あふれる若さゆえにがむしゃらに戦に望んで敗れた家康。

若いところ以外、私の訴訟とかぶります。

 

この判決文は私の顰像です。

とはいっても、最後に勝たないと、顰像とは言えないですね。