あるシングルファザーの裁判日誌

寡夫控除は不公平だとして行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ



息子との対決

朝ごはんを作ろうとしていると、帰省してきた息子が「俺にも作らせろ」と、けしかけてきました。一触即発の空気の中、ならば勝負だ、ということで対決することになりました。

 

お題はチャーハン。材料は、卵、ネギ、肉、好きな調味料。

 

先攻は私。肉を細かく切って炒め、アツアツご飯を強火で短時間炒め、とき卵をかけ30秒で火を通します。ネギ入れて、最後に水をかけて、フワフワにして塩で整えて完成です。

後攻の息子は、最初にマヨネーズをご飯に混ぜ合わせる戦法に出ました。卵は別に炒めて、繰り出したのは奥義醤油焦がし技。ご飯を焦がしてパリパリの食感に仕上げてきました。「どうせやるなら、とことんやったほうが楽しいから」とのお言葉をいただきました。自炊し始めて約3ヶ月。着実にスキルをつけているようです。

 

勝敗はつきませんでしたが、お互いの健闘を讃えあいました。

 

そんな熱い戦いに水を差す次のようなツッコミは受け付けていません。

 

 

 

「朝からチャーハンかよ」