あるシングルファザーの裁判日誌

寡夫控除は不公平だとして行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ



審査請求の材料がそろいました

平成24年度から29年度まで6年分、寡夫控除を付けて確定申告や還付請求をしましたが、ようやく全部の行政処分を頂くことができました。

これで、まとめて審査請求できます。

過去の裁判例を見ると、1年分で訴訟を起こしたりしてますが、最古の分の裁判をやっているうちに他の年度の分が時効になってしまう可能性があり、そうなるとなんだかんだで複雑な事になるので、まとめてしまう事にします。

 

今日は久しぶりに休みを取りました。なかなかとりかかれなかった審査請求を作成しました。

来週提出する予定です。

 

裁決までは1年ぐらいかかる見込みですが、3ヶ月経てば裁決を待たずに提訴が可能です。棄却されるしかないので待たなくてもいいのですが、住民税の訴訟とかぶると時間が取れなくなるので、住民税の訴訟の高裁判決が出た頃に、所得税のほうを提訴しようかななんて考えているところです。