あるシングルファザーの裁判日誌

寡夫控除は不公平だとして行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ

壁の話

通常、壁は乗り越えるものですが、超えないほうが賢いといわれる壁の話です。

 

103万円の壁とか、130万円の壁とかありますよね。こういうのって仕事意欲がそがれるし、よくない制度だと思います。頑張れば頑張っただけ報われるのがいいと思うのです。

 

寡夫控除も500万円の壁があります。所得にすると688万円だったかな。更に、900万円ぐらいに児童手当の壁や、高校就学支援金の壁もあります。

 

もともと累進課税制度で高所得の人はたくさん税金を払っているわけですが、高所得者を狙う制度は、累進課税制度に一本化してもらえれば、なんとかの壁とかなくなると思うんですよね。

 

以前こんなことがありました。
お仕事を頑張ってたら年末に会社から表彰されて5万円の賞金をいただきました。そしたら年収が児童手当ての所得制限を越えたので、翌年24万円の手当てがなくなりました。笑うしかないですが、こんな残念なことがあるんです。

税金の制度は、富の再配分なので、仕方ないことなのですが、結果的に収入が逆転する所得制限の壁だけは、やめてもらいたいですね。
頑張った自分より頑張らなかった自分のほうが収入がいいなんてことになったら切ないですから。