あるシングルファザーの裁判日誌

寡夫控除は不公平だとして行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ



好酸球性副鼻腔炎

シンパパの話でも訴訟の話でもありません。

 

私は、気管支喘息好酸球副鼻腔炎というのを患っています。

どちらも難治性の病気です。

喘息のほうは、毎日、スピリーバとレルベアを吸入しているので、コントロールできています。この冬は1度も発作がありませんでした。それでも検査の結果、肺年齢は92歳だとか・・・。

好酸球副鼻腔炎は、普通の蓄膿症ではなく、抗生物質は効きません。マクロライドなんとかってのも効きません。効く薬は強いステロイドだけです。なので、症状がひどいときだけしか飲みません。毎日、生理用食塩水で鼻を洗浄しています。昨年、3回目の手術をしました。それでも、半年もするとポリープができるので、病院で切ってもらいます。今月も頭痛(前頭洞)と目の奥が痛むので、大学病院でチョキチョキしてもらいました。

好酸球副鼻腔炎は指定難病の1つで、私の場合重症なので、難病患者に認定してもらっています。認定されると医療費のうち1割を公金で補助してくれるので、3割負担が2割負担になります。ありがとうございます。

喘息のほうですが、川崎市には、成人ぜん息患者医療費助成制度というのがあって、認定してもらうと1割負担で診療してもらえます。とても助かっています。ありがとうございます。

 

ちゃんと治療して、良い納税者になります。