あるシングルファザーの裁判日誌

寡夫控除は不公平だとして行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ



控訴審第1口頭弁論

行ってきました。緊張しました。

 

今日で結審してしまったら、上告したとしても新たに主張することはできません。

 

実は昨日、次の期日を入れてもらえるようにと求釈明申立書を出しました。我ながらこすいです。

しかし向こうも一回結審を狙ってか、その日のうちに準備書面を用意してきました。

これは想定外です。やっぱり弁護士さんはすごいなぁ。

 

さて、口頭弁論ですが、私が「答弁書に対する認否と、反論をします」と発言したところ

 

認めてもらいました。

 

やったー

 

ってことで、11月21日に第2回口頭弁論が入りました。

 

ちょっと気になるのは、裁判長が「次回で終結しましょう」的な発言をしたことです。でも左陪審裁判官が、被控訴人の反論があるかもしれないからと言っていました。

 

んー

やっぱり、もう心象は形成されているのかもしれないですね。

 

でも、頑張るぞー。