あるシングルファザーの裁判日誌

不公平な寡夫控除の是正を求めて行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ

裁判費用

今回の裁判の訴額は10万円に満たないので、印紙代は¥1,000です。他に切手代が¥6,000ぐらい。

もし控訴すると印紙代は¥1,500。更に上告すると、¥2,000。

これで裁判ができるのです。ありがたいものです。裁判所の人件費などのコストや被告のコストを考えたら100万円ではきかないと思います。とは言っても、皆さんはそれがお仕事ですからね。仕事じゃないのは私だけです。

第1回口頭弁論のために会社には休暇届けをだしました。有給休暇は有り余っているので、いい機会です。

 

待ち遠しくなってきました。

第1回期日が決まる

裁判所から連絡がありました。

第1回口頭弁論期日の調整です。

 

12月4日になりました。

1回目は、次の期日を決めるだけなので5分程度で終わりますが、出席しなければなりません。

 

1週間前の11月末に答弁書がきます。

どんな答弁書がくるのか楽しみです。

 

合憲性を争うなら嬉しいのですが、不適法だとか言われると嬉しくないですね。

現実的な判決の予想

被告は、差別の理由として『租税負担能力の差と諸事情によるもの』としてくるだろう。それに対する主張は、ことごとく無視される可能性がある。

そうしたときの判決を想像してみる。

 

主文

原告の請求を棄却する。

 

理由

租税法上の差別は立法府の裁量の範囲であり、著しく不合理があるとはいえず合憲である。

 

妥当なところかな。悲しいけど。

こうならないように頑張ろう。

行政不服審査の答申

行政不服審査に出した時の諮問の結果が、川崎市によって公開されていました。

 

http://www.city.kawasaki.jp/170/page/0000085171.html

 

違憲審査の権限はないよ。却下でいいよ。』って内容です。まったくその通りです。

 

訴状提出しました

ご無沙汰です。

訴状提出しました。

所得税については、訴え自体が不適法となってしまいましたが、住民税は、税額の決定通知という行政処分を受けていますので、取り消し訴状を起こしても不適法にはならないはずです。行政不服審査法に則り、審査請求もしていますので手続きには問題ないはずです。

さて、どうなりますやら。

被告は市長でいいのかな

訴状を書こうとすると、まず被告の名前を書くことになります。頂いた裁決書には、『裁決に不服がある場合は、市長を相手に提訴することがてきます。』と書いてあります。

しかし、私が訴えたいのは地方税法違憲性です。

地方税法を作ったのは国であり、市長さんは、地方税法に則って行政処分をしたにすぎません。

 

市長は立法権限はないとして、却下されてしまうのではないかと心配なのですが、

被告は市長でいいのか、それとも国なのか・・・、誰か教えてくれないかなぁ。

裁決書が届きました

2016年6月に審査請求して9ヶ月。ようやく川崎市長から裁決書が届きました。

 

主文

 

『本審査請求を棄却する。』

 

最初からこの結果しかありえないのですが、思ったより時間がかかりました。

裁決書はA4で13ページもあります。地方税法に則って正しくやってますよという説明がほとんど。最後に審査庁は違憲審査の権限はなく、司法審査によるべき問題と書いてあります。私にはそれだけで十分です。

 

さて、いよいよ訴訟となるわけですが、提訴は6ヶ月以内にしなければなりません。

 

訴状作成にとりかかるとしましょう。