フレンチトースト訴訟

父ちゃん大法廷に立つ(計画)



父ちゃん、大法廷に立つ(計画)

最高裁判所の大法廷は特別な場所です。

 

通常、上告された案件は3つの小法廷で行われますが、違憲判決が下されるような案件は、最高裁判所の裁判官15人全員が大法廷に集まって審理されます。これを大法廷に回付というそうです。大法廷は平均で年に3回ぐらいしか開廷されません。最近ではNHKの受信料の裁判が大法廷で開かれましたね。

 

私の裁判が勝訴で終わるには、違憲判決が出るということですから、この大法廷に回付されないといけません。

 

最初はひのきのぼうとおなべのふたで武装してドラゴンの炎に黒こげになったりしましたが、経験値を稼いでレベルアップしてきました。エクスカリバーっぽいのとイージスの盾っぽいのも手に入れました。このまま撃沈も風情があっていいですが、やっぱり勝利のイメージも素直に目標として持っておくのは必要かなと思います。

 

勝ち目がほとんどない税務訴訟で、しかも求めるのは租税法で前例のない違憲判決。それを法学部どころか大学すら出ていないサラリーマンが、弁護士さんを付けない本人訴訟で、最高裁の大法廷まで行って国に勝てたら、ご褒美には味玉トッピングのチャーシュー麺に替え玉2回ぐらいしても良さそうです。

 

突然ですが、

ブログのタイトルを変えます。

 

「フレンチトースト訴訟」

父子家庭の代名詞であるフレンチトーストから頂いています。

 

そして大法廷に立つ事を目指す決意をサブタイトルにします。

 

「父ちゃん、大法廷に立つ(計画)」

 

もし、本当に大法廷に立つことができたなら、

「父ちゃん、大法廷に立つ」に変えましょう。

 

 

気合いを入れたのはいいですが、書面作成に取り掛かる時間がなかなかなくて、まだ立て付けを考えているところです。所得税のほうも、訴状を書かなければいけません。

 

もうひとがんばりだ。

ご馳走、怖い

ちょっと自慢します。

 

私は、ある能力がとても高いようです。その能力とは、

 

美味しいものを食べる時、美味しそうに食べてしまう、というものです。

 

その呪われた能力によって、標的にされる事があります。

 

たぶんペットにエサを与える感覚で、息子たちは私に食べ物を与えてきます。

 

目の前に、ポテチ、南部煎餅

 

勿論、抵抗します。

「やめろー」と

 

でも、そう言いながらパリパリしてしまいます。

 

時々、本当に止めようとするので、

 

「やめんのかよ」とキレるのはお約束です。

 

さて、最近膨らんできました。

 

忌まわしき能力のせいです。

 

虚しいですが、貼り紙をこさえました。

 

 

「父にエサを与えるべからず」

 

 

 

えー

 

相変わらず、大根の面取りで幸せになってしまっていますが、準備書面、まだ取りかかってません。

f:id:sakurahappy:20190407202623j:image

ゆでたまごが最高の仕上がりで大満足です。しかし盛り付けと写真のセンスは、のびしろだらけですね。

 

 

 

産経新聞の記事

このブログを書き始めたのが2016年3月27日です。そうです、3年たちました。今日から4年目に突入します。

 

早いものですね。

 

裁判に時間がかかるのは覚悟していましたが、ホントですね。

 

所得税のほうなんて、まだ提訴もしてませんから、この先、5年ぐらいかかるのかもしれません。

 

ところで前のエントリーで紹介した産経新聞の記事ですが、よく見ると厚生労働省にも取材しているんですね。

 

以下、引用です。

厚労省の担当者は「制度は『父親が外で働き、母親が家で子育てする』というかつての慣習の影響を受けており、男女平等の今の時代の流れを反映しきれていない」と話している。

 

いやいや、ズバリですね。

 

元々厚生省は所得制限のない父子世帯控除制度の創設を提案していたわけですし、財務省とは一枚岩ではないのでしょうね。

 

それにしても良いタイミングで出てきた記事ですね。

 

美味しく、いただきましょう。

 

 

えらい人達

大阪にskuruというひとり親支援の団体があるらしいです。

そこの今井さんという方が、なんか社団法人を立ち上げようとしているらしく、産経新聞が記事にしています。

 

https://www.sankei.com/smp/life/news/190319/lif1903190029-s1.html

 

えらいなぁ。

私にはとてもできません。

 

記事には寡夫控除のことも書いてありますね。

立法府に請願して変えていこうという事になるのかなと思いました。

 

サイレントマイノリティーの集音を目指しているようにも感じました。応援します。

 

しえふ没頭

仕事が忙しい時は、ついついお料理で気を晴らしてしまいます。ジャガイモや人参の面取りしてるとなぜか幸せになってしまいます。

 

今夜は前の晩に作ったビーフシチューが余ったので、焼いたハンバーグと一緒にホイルの包み焼きにしました。一丁前にシェフ気取りですが、大雑把な私はシェフではなく"しえふ"らしいです。

 

f:id:sakurahappy:20190317201509j:image

新じゃがをベイクドポテトにして、シジミのお味噌汁と一緒食べたら、元気モリモリです。

 

雰囲気だけは、つばめグリルハンブルグステーキですね。

 

ハンバーグは子ども受けがいいので、よく焼きます。今まで何個焼いたでしょう。最初は生焼けだったり、パサパサだったりよく失敗しましたが、最近は失敗する事が少なくなりました。

 

「ハンバーグは父ちゃんのがいい。」とのお言葉を頂いていますので、きっと好みに合うのでしょう。大雑把なのがいいのかもしれません。

 

でも

「唐揚げは母ちゃんのがいい。」そうなので、唐揚げエリアは聖域認定しています。

 

いつか、子どもたちが巣立ったら、こんな料理を作る事はなくなるでしょう。あと何回、できるかなぁ。

 

 

今夜も夜勤です。

 

 

追記:この写真ではハンバーグがまったく見えませんね。

 

 

ありがとう、繁忙期

嬉しいことにお仕事がたくさんあります。

こんな私でも誰かのお役に立てているわけで、ありがたいことです。

 

でも

 

最近、ちょっと多過ぎかな。

 

徹夜になる事もあるので、体調を崩さないように気をつけねばなりません。皆さんにご迷惑をかけるわけにいきませんからね。

 

なので、フレンチトースト訴訟は、ちょっとおやすみします。4月になったら準備書面の作成に取り掛かる予定です。

 

 

今夜も夜勤です。

 

栄養ドリンク飲んで、頑張るぞ。

あれるぎった男の嘆き

我輩は花粉症である。名前は・・・

 

漱石風に書き出してみたものの、現実は文学ではなく、あれるぎった中年男性の涙、涙の物語です。

 

なぜか、突然、スイッチが入ったように涙が出てきます。サラサラの鼻水が溢れてきます。

 

もし、電車の中で無表情で滴るほどの涙を流しているsakurahappyを、見かけても心配してはいけません。「君の名は」のシーンを思い出しているわけでもなく、ただ、花粉洗浄中なのです。

 

辛いのは目の痒みを誘発した時です。

 

「かいちゃダメだ、かいちゃダメだ、かいちゃダメだ。」と我慢しつつも

「これで終わりにしよう。あとひとかき、いやもうひとかき。」とガラスの意志。(パリーン)

 

花粉の物理攻撃は、サクハピ防衛軍の好酸球が対応しますが、精神攻撃は、猫の額ほどの人間の器で対応します。

 

 

2019年、春。

連戦連敗、ただただ骸の山を築きます。