あるシングルファザーの裁判日誌

不公平な寡夫控除の是正を求めて行政訴訟を起こしたシングルファザーのブログ

被告は市長でいいのかな

訴状を書こうとすると、まず被告の名前を書くことになります。頂いた裁決書には、『裁決に不服がある場合は、市長を相手に提訴することがてきます。』と書いてあります。

しかし、私が訴えたいのは地方税法違憲性です。

地方税法を作ったのは国であり、市長さんは、地方税法に則って行政処分をしたにすぎません。

 

市長は立法権限はないとして、却下されてしまうのではないかと心配なのですが、

被告は市長でいいのか、それとも国なのか・・・、誰か教えてくれないかなぁ。

裁決書が届きました

2016年6月に審査請求して9ヶ月。ようやく川崎市長から裁決書が届きました。

 

主文

 

『本審査請求を棄却する。』

 

最初からこの結果しかありえないのですが、思ったより時間がかかりました。

裁決書はA4で13ページもあります。地方税法に則って正しくやってますよという説明がほとんど。最後に審査庁は違憲審査の権限はなく、司法審査によるべき問題と書いてあります。私にはそれだけで十分です。

 

さて、いよいよ訴訟となるわけですが、提訴は6ヶ月以内にしなければなりません。

 

訴状作成にとりかかるとしましょう。

行政不服審査会から

審査結果が郵送されてきました。

結果は『棄却が妥当である。』だそうです。

 

たぶんこの後、市の方から『棄却します。』みたいなのがくると思います。

 

そしたら、それを持って、裁判所に行けます。

 

もうすぐスタートラインに立てそうです。

 

行政不服審査会

ご無沙汰です。

住民税の方をゆっくり進めていますが、行政不服審査会への諮問というところまで来ました。

いまいち流れがわかっていないのですが、審理員が棄却の方針を出してきて、それを第三者である行政不服審査会が確認する感じです。

結果は変わらないのでしょうが、口頭意見陳述するかどうかで悩んでいます。

 

裁判と違って、行政不服審査請求は、担当してくれるお役人様がとても親切です。お金もかからないです。

 

足りないのは私の法的スキルです。語句が難しくて、心が折れそうです。

判決

不適法なので却下でした。

 

とりあえず一区切り。

 

却下の心配のない住民税で、頑張ります。

明後日は判決

明後日は判決が出ます。

まぁ、結果はわかってますけど。門前払いでしょうね。

でも、裁判所には行かないので、判決文を読めるのは金曜日頃かな。

 

住民税のほうもそろそろ審判が出る頃だと思います。こちらも、結果はわかってますけど。

それを受けたら、こちらは裁判にします。

こちらはちゃんと行政処分されているので、門前払いにはならないでしょう。

仕事多忙

仕事が忙しくって、ブログ放置してました。すみません。

 

国税のほうは判決待ちですが、見込みなしです。

 

住民税は、審査請求に対して弁論書が届き、このまま裁決になると思います。反論する事もないですし、却下されるのはわかってますから。

 

土日も仕事ばかりで、こちらを対応する余裕がありません。しばらくお仕事モードです。

10月頃からは落ち着く予定です。