フレンチトースト訴訟

父ちゃん大法廷に立つ(計画)



裁判記録(対地方税)

来た、来た

向こうの弁護士さんから、すごい準備書面が届きました。 立法事実を調査しろという宿題でしたが、なんと「立法事実」という語句が一度もでてきません。「立法目的」も「立法手段」も一度もでてきません。 簡単に言うと、財政事情から必要最低限にしたものだ…

期日1週間前

期日1週間前になりました。 裁判所から指定された準備書面の提出期限ですので、提出してきます。 良い主張が閃いたようなことを書きましたが、いざ書き直してみると、そうでもないなぁと感じています。 結局、枝打ちしていろんなところをボツにしました。 …

間違いに気が付きました

通勤電車の中で、閃きました。 もっと単純に主張できるんではないかと。 ある主張を見直したら、なんかスッキリしました。今までしっくりこなかった部分がしっくりくるようになりました。やっとパズルが完成したような感覚です。もしかしてエクスカリバーを…

立法事実の不存在

今度提出する私の準備書面の結論は 「父子世帯にのみ所得要件を設置した立法手段を支える立法事実は存在しない。」 です。 正直、これだけでいいような気がします。 でも、立法目的にも言及します。 たぶん、次で結審するので、悔いのないように主張しておき…

四苦八苦?

もし、私が向こうの弁護士さんの立場だとしたら、四苦八苦していると思います。 なにしろ、裁判所が立法事実論を展開し始めたということは、合憲性の推定が後退したということになるそうなので、被控訴人としては踏ん張りどころです。 とはいえ、手段を支え…

応能負担原則?

ここに来て、思考が安定しません。応能負担原則がよくわからなくなってきました。 租税負担能力ってのは納税義務者個人の能力なのに、なぜ、属する性別の平均租税負担能力で判断されるんだろう。課税されるのは個人個人なのに。応能負担原則では納税義務者本…

全力で悩み中

立法事実を調べて主張を裏付ける作業をしているわけですが、進捗率は5%ぐらいです。準備書面の建て付けがまとまりません。 あと1ヶ月で次回の口頭弁論ですが、モチベーションが上がりません。 その理由は、わかってます。 立法事実を調査すると、寡婦を寡夫…

立法事実?

お恥ずかしい話しですが、今回裁判長から立法事実を調べてくださいといわれるまで、「立法事実」という言葉は自分の語彙にありませんでした。 おそらく一般人は生涯、お目にかかることのない言葉だと思います。もしかして裁判長さんは、私が素人であることを…

被控訴人の反論と控訴人の再反論

第二回口頭弁論の直前に行われた準備書面の応酬ですが、被控訴人準備書面(2)の抜粋と控訴人準備書面(2)の抜粋を、控訴人準備書面に書き入れる形で公開します。 被控訴人の反論は赤字 それに対する控訴人の反論は青字にしました。 赤字も青字もないとこ…

控訴審第2回口頭弁論へ

昨晩、速達で被控訴人の準備書面が届きました。これは後でアップします。 それに対する反論をどうするか悩みましたが、結局、準備書面を書き起こしてFAXで送信しました。これも後でアップします。 これから東京高裁に向かいます。おそらく今日で結審するでし…

来ない

被控訴人からの反論(準備書面)が来ません。 明日は第2回口頭弁論だというのに。 これで結審すると言われているので、当日に準備書面が出てきて、私からの反論ができないままになるのは嫌だなぁ。 ちょっとがっかりです。

そろそろ来るかな

向こうからの反論(準備書面)がまだ来ません。そろそろ来る頃だと思います。きっと金曜日に発送して、土曜日に配達されると想像しています。 早くこないかなぁ。 どんな反論がくるのか楽しみです。 でも再反論(準備書面を作成)できる時間がないのが残念なとこ…

来週、控訴審第2回口頭弁論

口頭弁論まであと一週間になりました。今週末ぐらいには被控訴人からの反論(準備書面)も届くことでしょう。 でも最近、余裕がなくて、準備書面がきても、反論が作成できないかもしれません。助っ人いないし(涙)。 裁判長は、次回で結審するようなことを言っ…

控訴人準備書面(1)

平成30年(行コ)第250号 課税処分取消請求控訴事件 控訴人 sakurahappy 被控訴人 川 崎 市 東京高等裁判所第9民事部A2係 御中 控訴人 準 備 書 面 (1) 平成30年11月5日 控訴人 sakurahappy 印 控訴人は,被控訴人の平成30年9月26日付…

準備書面、提出〜

裁判官にお約束した通り、本日準備書面を提出しました。なるべく丁寧に書いたので19ページにもなってしまいました。控訴理由書より多いです。 さて、週末は、はらこ飯を食べて元気になってきました。 炊き込みご飯とイクラって、相性良すぎです。 美味しいも…

準備書面ができた

準備書面ができました。 11月5日に提出予定なので、それまでは息子に誤字脱字をチェックしてもらいます。 公開は、11月7日を予定しています。(予約投稿済み) 仕事柄、つい図解してしまうので、表やグラフを貼りまくりです。裁判官が少しでも楽に読めるように…

被控訴人準備書面(1)

求釈明に対し、即日に提出された準備書面です。 被控訴人は,控訴人の平成30年10月2日付求釈明申立書について,以下のとおり回答する。 1 同(1)について 回答の必要はないと考える。 2 同(2)について (1)原判決判示に係る「偶々,課税の前年…

求釈明申立書

控訴審第1回口頭弁論の2日前に私の提出した求釈明申立書を載せます。 平成30年(行コ)第250号 課税処分取消請求控訴事件 控訴人 sakurahappy 被控訴人 川 崎 市 求 釈 明 申 立 書 控訴人は,答弁書に対する認否や反論を行う上で,答弁書に不明瞭な…

控訴答弁書(被控訴人の主張)

答弁書から被控訴人の主張を載せます。 第3 被控訴人の主張 1 原判決の違法性について 原判決は,「租税法の分野における所得の性質の違い等を理由とする取扱いの区別は,その立法目的が正当なものであり,かつ,当該立法において具体的に採用された区別の…

来月から戦力ダウン

私の訴訟には、息子たちの協力が欠かせないわけですが、長男くんが短期留学に行ってしまうので戦力ダウンします。悲しい戦力ダウンではないので頑張るだけです。 第2回口頭弁論の直前は、準備書面の応酬になると思いますが、私は仕事がいっぱいいっぱいなの…

答弁書(控訴理由書への認否)

届いた控訴答弁書をあげます。 まず、どのように認否したのかを青字で書き入れます。黒字は控訴理由書です。「図表は省略します。」 目次 第1 違憲審査基準の採用理由が不備であることについて 第2 平均収入額の差異が審理されていないことについて 第3 …

控訴審第1口頭弁論

行ってきました。緊張しました。 今日で結審してしまったら、上告したとしても新たに主張することはできません。 実は昨日、次の期日を入れてもらえるようにと求釈明申立書を出しました。我ながらこすいです。 しかし向こうも一回結審を狙ってか、その日のう…

本日、控訴審第1回期日

あんまり更新できてませんが、本日10月3日は控訴審第1回口頭弁論です。今日で結審にならないように、祈ってます。 終わったら、ご報告いたします。

控訴答弁書が届きました

控訴審の答弁書が届きました。 なんか、気合いが入ってます。本気を出してる感じがします。 これなら高裁の裁判官も棄却理由を作りやすいのではないかと思いました。とはいえ、裁判官に丸投げしてこなかったのは助かります。第2回があれば、反論できますから…

控訴理由書(甲26号証)賃金カーブシミュレーション

甲26号証です。一審判決で、過去から未来にかけての収入は父子家庭のほうが高いと(こじつけて)いってきているのがヒントになりました。年齢と収入の関係といったら賃金カーブでしょうから、これで打ち返してみます。 年齢と収入からの賃金カーブシミュレー…

控訴理由書(甲25号証)就業構造基本調査の集計

甲25号証はこちらです。 就業構造基本調査の集計結果 平成30年8月19日 作成者 ●●大学理工学群 sakurahappyの次男 総務庁統計局が公開している平成19年,24年,29年の就業構造基本調査結果から父子世帯・母子世帯のデータを,収入700万円を境界にして上下に…

控訴理由書(証拠説明書)

証拠説明書です。 甲14号、甲25号、甲26号は子供たちの作品です。 号証 標目 作成年月日 作成者 立証趣旨 甲13 平成24年就業構造基本調査調査票サンプル 平成24年10月1日作成 総務庁統計局 (1)就業構造基本調査での世帯収入は,税法上の所得とは異なり税込み…

控訴理由書(6)

高裁に提出した控訴理由書です。全部で6章あります。今日は6章とまとめをUPします。 6章は言いたい放題です。ちょっとゴリ押し感があるのは否めません。でも、まぁ、言わせていただきます。 第6 本件区別の真の目的に正当性がないことについて (1)…

控訴理由書(5)

高裁に提出した控訴理由書です。全部で6章あります。今日は5章をUPします。 ここは、わかりにくいかも。 第5 原審に記された本件区別の目的と手段の関連性について (1)前述したとおり所得500万円を超えるひとり親世帯の父母には,租税負担能力の…

控訴理由書(4)

高裁に提出した控訴理由書です。全部で6章あります。今回は4章をUPします。 第4 統計データから認められるその他の差異について (1)平均収入額の観点では,700万円以上の収入のある母子世帯の母親は父子世帯の父親に比べて低いとはいえないことが…